ミステリーとか警察ものとか…読んだら書評書いてます

ミステリー、警察もの、組織もの、たまに他の本も、実際に読んでから書評を書いています。川崎市在住 連絡先 oyamaiitenki@gmail.com

女刑事がかっこいい!

「波動」 烈渦 朽海の城 新東京水上警察シリーズ 吉川英梨   高潮のシーンが衝撃!

つい先日、「海中の道化師」を読みました。面白かったので過去のシリーズを探し「朽海の城」→「波動」→「烈渦」 と一気に読んで、もっと!と探したところ、いまはここまで! でした。 残念! もとと読みたい!有馬礼子さんの凛々しいサムライ魂をもっと読み…

海底の道化師 新東京水上警察 吉川英梨

以前は書店でフラフラしながら、表紙のインパクトや帯のキャッチで本を選ぶことが多く、そうして選んだ中に「これ!」という1冊に出会ったときはすごく得した気分になれたものです。最近目の病気が原因でkindle派になってからは、書店での一目ぼれの出会い…

警視庁文書捜査官 鳴海理沙 「緋色のシグナル」「永久囚人」麻見和史 kindle

女性が活躍する刑事もは、ほぼ全作品手に取って読んでます。目の手術以降は、kindleにお世話になっています。Fire端末は多少重い感じがするのですが、美術関係のものも読みたかったので、カラー画面を選びました。文字を大きくできるのが便利ですね。同じ大…

COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 内藤了 角川ホラー文庫

待ちに待った比奈子シリーズ10作目!最初は新米刑事で頼りなかった藤堂比奈子さんがいまや中堅!でも七味唐辛子の缶が手放せないのは相変わらず。 当初は1作品毎に単発の事件が起きていたのですが、ここ数作品は、世界的な悪の組織「スヴェート」の対決が表…

ドッグ・メーカー 警視庁人事一課監察係黒滝誠治 深町秋生 新潮文庫

巻末の解説を読みながら、そうそう深町さんって「八神瑛子シリーズ」を書いた人で、「アウトバーン」「アウトクラッシュ」「アウトサイダー」と続く3部作は面白くて一気読みしたんだった、という記憶が蘇ってきました。八神瑛子も、この作品の主人公、黒滝誠…

脳科学捜査官 真田夏希 鳴神響一 角川文庫

大好きな警察小説に新しいヒロインの登場です。神奈川県警に採用された32歳の新人、美人で神経科学博士、心理分析官として採用された第1号。とあって作品の中には脳生理学の難しい用語・・例えば「眼窩前頭前皮質」「間脳視床下部」「大脳基底核」「偏桃体…

ジェーン・ドゥ 身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり 古野まほろ 講談社文庫

「綾辻行人氏・有栖川有栖氏、絶賛‼ 元警察官僚が手がけたリアルすぎる警察小説」という帯の文句に騙されて読みました。 捜査本部にゴシック&ロリータファッションで登場する25歳の女性キャリア管理官なんて絶対にいない!(・・と思います。) 登場人物の…

沈黙する女たち 麻見和史 幻冬舎文庫

またまた猟奇的犯罪が・・! 重犯罪取材班 早乙女綾香シリーズ2作目です。麻見先生の作品は、猟奇的な事件ものって印象があります。プ~トロが「警視庁捜査一課十一係シリーズ」の「石の繭」から読み始めたからでしょうか? 読む作品に必ず猟奇的が事件が登…

甦る殺人者 天久鷹央の事件カルテ 知念実希人 新潮文庫

この作品を読み始めて、最初に興味をひかれたのはキャラ設定です。小鳥遊優(たかなしゆう)主人公天久鷹央の部下?アシスタント?としての位置づけですが、「小鳥遊」と言えば、あの有名なシリーズにも登場してきますよね。 森博嗣さんのVシリーズ、瀬在丸…

アンフェアな国 刑事雪平夏見 秦建日子 河出文庫

か~~!気になって眠れそうもない~~~!笑 たった今読み終わったばかりです。ラスト15ページなので、メシ前に読んじゃえと思って行っちゃいました。その結果が、「か~~!気になって眠れそうもない~~~!」です。ミステリーとしての謎解きも面白いし、雪…

七四 神家正成 宝島社文庫

宮部みゆきさんが「現代社会の罪と罰をがっつり描けるミステリーは警察小説だけじゃない。そう高らかに宣言する新鮮な快作だ。」と宣言する帯のコメントで買ってみました。 自衛隊を舞台にした新しいミステリー なるほど著者 神家さんは元自衛隊勤務というだ…

インデックス 誉田哲也 光文社文庫

姫川玲子に負けました 1か月以上前から書店の棚にあるのを見て気になってしようがなかったんですが、短編集だったので、読もうかと手に取っては置いて、手にとっては置いてを何回か繰り返した末に、とうとう姫川玲子の魅力に負けて買ってしまいました。 読…

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 内藤了 角川ホラー文庫

藤堂比奈子と七味唐辛子 「ON」「OUT」「AID」「LEAK」「ZERO」「ONE」「BACK」に続くシリーズ8作目です。主人公は藤堂比奈子ちゃん。最初はお母さんが持たせてくれた善光寺名物の「根元八幡屋磯五郎の七味唐辛子」をなめると落ち着く変なキャラの新人刑事だ…

水葬の迷宮 警視庁特捜7 麻見和史 新潮文庫

「石の繭」の麻見和史さん 麻見さんに最初に出会ったのは「石の繭」でした。猟奇もの、でも犯人に迫る過程がとてもスリリングで一気読みしたことを覚えています。「石の繭」は「警視庁殺人分析班」シリーズなんだということをこの「水葬の迷宮」の後書きで認…

SRO Ⅶ ブラックナイト 富樫倫太郎 中公文庫

SRO Ⅶ ブラックナイト 富樫倫太郎 中公文庫 SROは永遠? 近藤房子さんも永遠? Ⅰ~Ⅵを読んで、登場人物のキャラが面白く Ⅶは書店で見た瞬間、無条件で手に取ってしまいました。 感想は…前半の家族の描写がエグ過ぎてちょっと… 嫁に介護をさせる義母と息子(…