ミステリーとか警察ものとか…読んだら書評書いてます

ミステリー、警察もの、組織もの、たまに他の本も、実際に読んでから書評を書いています。川崎市在住 連絡先 oyamaiitenki@gmail.com

脳科学捜査官 真田夏希 鳴神響一 角川文庫

f:id:oyamaiitenki:20180109211956j:plain

大好きな警察小説に新しいヒロインの登場です。神奈川県警に採用された32歳の新人、美人で神経科学博士、心理分析官として採用された第1号。とあって作品の中には脳生理学の難しい用語・・例えば「眼窩前頭前皮質」「間脳視床下部」「大脳基底核」「偏桃体」とか、心理学の難しい言葉「悲嘆の遅延」「代理報復感情」などがいっぱい出てきました。まあ、この難しそうな言葉は読み流して本筋だけを追っていくと、これが結構面白い!犯人とのメールでの駆け引き、犯行予告現場の推理は十分本格的なものと思ってしまいました。(と言っても、こちらが素人なので何を書かれてもウソとは看過できないのですが・・)相手の心を読む刑事は数多くいますが、彼女の心理学的なアプローチのプロファイリングは新鮮でよかったです。

シリーズ(になるのでしょうか?)第一作の登場人物も期待できます。

冒頭で婚活デートしていたイケメンが実は警察庁の理事官だったり(もちろんキャリア)、神奈川県庁の管理官がオタクで自己中心的なキャリアだったり、この後のシリーズにも必ず登場しそうなベテラン刑事とイヤミな若手のコンビだったりと多彩です。そしてなにより、この後も登場して欲しいのは、この作品で夏希の命をすくった爆弾探知犬アリシア!と飼い主の小川です。小川は事件解決の後、夏希が食事に誘ってもまったく興味がないそぶりでアリシアしか目に入っていない様子。ここで夏希の闘争心に火がついてくるとまた違った展開になりそうなんですが・・。

これまでも心理分析を得意にしていた刑事さんは沢山いましたが、顔の表情やクセで犯人のウソを見破る名人ばかりで、ここまで本格的に心理分析で犯人を追い詰める作品はなかったように思えます。あまり本格的すぎると読者が理解できない世界に行ってしまうのでほどほどでないと困るんですが・・。

期待がもてる新ヒロインの誕生!になるでしょうか?

 

時限捜査 堂場瞬一 集英社文庫

f:id:oyamaiitenki:20180107070037j:plain

この「・・捜査」シリーズの端緒となった「検証捜査」は、読んだ当時、いきなり島流しの刑事から始まったのでアレ?と思ったことを記憶しています。この時に集められたチームのメンバーを順に主人公にしてシリーズ化され「複合捜査」「共犯捜査」そしてこの「時限捜査」と続きます。シリーズが進むにつれ神谷のブチ切れキャラが大人しくなっているような気がしますが・・いかがでしょう?確か「検証捜査」ではあまり登場してこなかった島村さんがこんなにナイスな大阪人キャラだとは思いませんでした。いい感じで力が抜けていて素敵な58歳ですね。プ~トロと年齢が近いので余計に親近感がもてるのかもしれません。

この作品は、異動前日の島村署長、射撃の大会に出発する前日の下倉、と2人のタイムリミットをうまく絡ませながらストーリーに緊張感をもたせています。射撃の選手という下倉の登場で、最後は下倉の狙撃が登場することは確実に予測できるのですが、まさか高所恐怖症だったとは・・意外な演出で少しハラハラさせてもらいました。

大阪の人質立て籠もり事件の解決に、東京の神谷が絡んできます。神谷が登場してきたところで、事件の全体像は大体見当がついてくるんですが、それでも読者をひっぱり続ける力が落ちないのは、登場人物の背景・キャラがよくできているからなんでしょうね。プ~トロが堂場作品のファンなのは事件そもものの面白さより登場人物が作り出す世界観が面白いからなんだと思います。

ところで、物足りないところ・・ドローンによる発火事件、人質立て籠もり事件、第三の事件の先に、もう一つ何か大きな事件を期待していたのですが、少し肩透かしを食った感があります。きっかけとなった発火事件も犯人や手口は具体的には描かれておらず、アレ?という印象です。まあメインの人質立て籠もり事件が予定調和に解決していくさまがキチンと描かれているのでよしとしましょう。

堂場作品としては物足りません シリーズ次作は凛が主人公?に期待!

この「・・捜査」シリーズの一番の注目キャラ、北海道警の保井凛がまだ主人公になっていません。神谷と凛の関係も気になるところです。次回作は北海道に全員集合で凛が主人公で、神谷と大ゲンカをしながら神谷大活躍!になることを期待しています。

 

雪冤 大門剛明 角川文庫

f:id:oyamaiitenki:20180103055602j:plain

なるほど~。見事に騙されました。本の帯にもある「本当の犯人は誰なのか?」「100人中99人が騙される」言葉どおりです。この結末は全然想像できませんでした。100人中100人が想像できないのではないでしょうか?

作品のテーマは「死刑制度の是非」「冤罪」

作品は「死刑制度の是非」「冤罪」というちょっと重い問題をテーマにして進行します。そういう意味では途中の展開が少し退屈するかもしれません。しかし作品中にほとんどヒントが出てこない「真相」は?ということで想像しながら読んでいくと「もしかしたら・・」とひらめく人がいるかもしれませんね。

作品の最終章でようやくすべて起きたことが明らかになるのですが、それでもまだ納得しきれないことが残ります。それは、なぜ、真一は現場から逃走し、警察は真一を犯人と断定したのか?この辺のくわしい説明は推察してください、ということなんですね?読んでいても、ずっともやもやしていて、そして最後までもやもやし続けて終わりました。

もう一つ疑問は、真一の父、八木沼悦史は、最後の最後に真相にたどり着けたのか?真相にたどり着くには「現場からなくなった台本」を読まないとわからないと思うのですが・・。

この作品には「怪しい」人物が何人も登場します。それなりに、事件の真犯人であってもおかしくない理由があり、怪しそうな行動をとっています。読者を隘路に引き込もうとする大門さんの作戦でしょうか? このあたりは、なるほど「横溝正史ミステリ大賞」は伊達じゃないと素直に賞賛します。真一が冤罪なら真犯人は誰なんだ?というのがこの作品の大きな流れですが、実際、プ~トロもこの流れに翻弄され続けました。でも「参りました!」と素直に言えない読後感が残ってしまうのはなぜなんでしょう?時間があれば、もう1回最初から読み返すと、この作品の奥深さがより理解できるかもしれません。それほど懐の深い作品だと思います。

でも、プ~トロは「乱読」をモットーとしているので、読み返さないだろうな・・。

中盤から展開が激しくなって面白くなります。最後の最後にとんでもない結末が!

でも途中のヒントが少なすぎるのは反則じゃないですか?笑

 

 

 

2017年下期 このミステリーがオススメ! ハードボイルドな4冊

ハードボイルドはミステリーなのか?という根源的な疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、出版社、書店ともに「ミステリー」とするほうが売れるので、なんでも「ミステリー」と書いてしまう傾向がありませんか? プ~トロは、ミステリーもハードボイルドも警察捜査ものも、み~んな好きなのですが、女性刑事が活躍しないしっぶ~い男の世界を4冊ご紹介します。

探偵が登場しなくても、この作品は一級のハードボイルドだ!

www.putorobook.com

主人公は、某製薬会社の若手社員。彼が会社から薬害被害の隠蔽工作を指示されます。悩みながらも会社の指示に従う主人公。しかし彼は悩み抜いた末に会社の指示に反旗を翻します。一人の人間として何が正義なのか?サラリーマンとは言え社命に背くことが人間の正しい道であることもある。という世界中のサラリーマンが常に抱える普遍的なテーマを扱っている作品です。人としての正義を貫こうとする主人公の行動は「男なら頑張って貫け!」と叱咤激励援したくなります。社会派なテーマではありますが、「正しい男の生き様」を味合わせてくれるということでおススメです。

組織からのドロップアウト!好きな女性を殺した犯人を追う!

まさにハードボイルド!

www.putorobook.com

主人公は警察組織をドロップアウトした飲んだくれの元公安。助手は元競走馬。好きな女に手を出せない。政治家・警察がつるんだ巨悪に一人立ち向かう主人公。これぞハードボイルドな舞台設定だと思いませんか? お互いに好きなことはわかっているのに何もできない男ってハードボイルドの主人公にぴったりだと思いませんか? とにかく自己抑制が効きすぎる、欲をすべて捨てたような男が、巨悪に妨害されながらも、好きな女を殺した犯人を追い求めていくストーリーは、久々に「よっ!馳星周!」と声をかけたくなるほど素敵な男の物語です。

見た目はどうだっていい!男は生き方で勝負!

www.putorobook.com

「新宿鮫」の鮫島はカッコイイ男です。しかしこの作品の主人公・佐江はカッコ悪い刑事の典型です。しかし、筋を曲げない生き方、誰が相手だろうと忖度(笑)しない生き方はカッコイイ!800ページの長編ですが、飽きることを忘れて一気に読ませていただきました。長い物に巻かれず、「適当」を許さない男に憧れてしまいます。

一級の殺し屋は女を救うより敵を倒す!

www.putorobook.com

「独特の世界観が楽しめる超おススメ!5冊」でも紹介しましたが、ハードボイルドさが堪らないので再登場です。横浜中華街で目立たないように生きていながらも「仕事」の腕は一級品、敵対する組織に狙われ、付き合っていた女を人質にとられ呼び出され、圧倒的な不利な状況でも敵を壊滅させてしまう。しかしキャラクターはとてもスーパーヒーローっぽくない。カッコイイじゃありませんか。この作品でもう一つハードボイルドなのは、最後に手負いの敵が主人公に銃を向けた時、捕らわれていた女が自分を犠牲して主人公を救ったときのセリフ。「あなたはケンカに弱いから私が助けないと・・」。ベタベタなセリフですが、ハードボイルドに浸って読んでいたプ~トロにはぴったりハマりました。笑

 

勝手な感想で13作品選んでしまいました。もっと面白い作品はきっとあるだろうと思いながらいつも読んでいます。来年も「自分で読んでから」感想を書いていきます。来年の目標は「目指せ!100冊」 来年もよろしくお願いします。

 

ジェーン・ドゥ 身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり 古野まほろ 講談社文庫

f:id:oyamaiitenki:20171228193943j:plain

「綾辻行人氏・有栖川有栖氏、絶賛‼ 元警察官僚が手がけたリアルすぎる警察小説」という帯の文句に騙されて読みました。

捜査本部にゴシック&ロリータファッションで登場する25歳の女性キャリア管理官なんて絶対にいない!(・・と思います。)

登場人物の会話が符牒だらけなので、理解できない!

国立国会図書館の中に秘密の警察組織なんてあるわけな~い!

と文句を垂れましたが、そこを除けば、起きた事件はとんでもなく猟奇的で、陰陽道にまつわる謎があり、戦後の占領時代からひきずっているあり得ない核爆弾をめぐる話で、それなりに楽しんで読めました。とても「リアル」とは思えない設定ですが、主人公「箱崎ひかり」管理官の事件の謎解きは極めて論理的で本格的ミステリーファンもきっと満足するでしょう。

作者の古野さんは、東大法卒の警察官僚だったそうで、相当クレバーな方と思われます。このはちゃめちゃな殺人事件を解くヒントをちゃんとストーリーの中にちりばめています。作品の印象はともかく、論理的に事件が解決できるという本格ミステリーファンを満足させてくれる条件を十分みたす作品ですね。

ゴスロリの美人キャリアに期待します。謎解きはミステリーファンを満足させてくれる本格派。

そして最後に登場する犯人2人、この2人の意外さにぶっ飛びました。

箱崎ひかりさんのキャラクターは突出して面白いので、もう少し読みやすくしていただけるとファンになってしまうのですが・・いかがでしょう?

悲嘆の門 下巻 宮部みゆき (完読しました。絶対おススメです)

f:id:oyamaiitenki:20171217195956j:plain

完読しました。いや~面白い!ミステリーとしても、SFファンタジックものとしても、面白い!この作品でしか出会えない特別な世界を堪能させていただきました。かたや不倫三角関係というドロドロの事件を扱いながら、かたや真ちゃんんストーリーで読者を幸せな気分にしつつ、メインのストーリーではガラと孝太郎のSFファンタジックワールドへと連れってくれる宮部さんはスゴイ!と思います。

この作品は、いい意味で読者を裏切り続けてくれます。まさか孝太郎まで・・、まさか真岐さんが・・ゴーガイル像って・・という第一印象がことごとく覆され、宮部さんにただただ殴られ続けれ読者はサンドバッグ状態です。

その後どうなったか、作品の中では示唆されてない事も沢山あるのですが、登場人物全員が幸せになってくれるだろう、少なくとも平穏な生活に戻れたのだろうと思わせる読後感もまた、宮部さんの力なんでしょうね。

異次元の面白さ・・3冊で異次元の10冊分面白い! 年末に幸せな気分になりました。

www.putorobook.com

 

 

 

Number 942 いままでのわたし、これからのわたし。浅田真央 文藝春秋

f:id:oyamaiitenki:20171223131313j:plain

Number MVP特別賞受賞おめでとうございます。

2017年Number MVP特別賞受賞のインタビューが掲載されています。

この号はフィギュア特集ではありませんが、Numberでフィギュアの選手が3度も表紙を飾るなんて珍しいですね。

さて、内容ですが、冒頭のインタビュー、2016年全日本に臨んだ心境は、やはりな・・と思わせられました。(内容はヒミツです)引退を決めたときの心境、後悔はしていないのか? などファンなら聞いてみたい内容が沢山あります。これからの進路を示唆するようなコメントもありました。インタビューの次は「真央がいた3度の五輪シーズン」という特集記事。「3度」です。トリノシーズンも入って「3度」です。トリノに行ければ真央さんの人生は変わっていたかな・・とファンなら誰しも思うことですが、この記事を読む限りは・・・笑

浅田真央ファンとしては永久保存版ですね。この他フィギュア関係では「決着は平昌で」宇野昌磨vsネイサン・チェン や 「2枚の五輪切符を掴むのは誰か。」女子フィギュアの代表争いを解説した記事もありました。その女子の代表争いに今夜決着がつきます。